個人のお客様

離婚、財産分与、慰謝料請求、男女問題解決サポートのご案内

離婚、財産分与、慰謝料請求、男女問題解決サポートのご案内

1. 離婚、財産分与、不貞行為等による慰謝料請求を考えている皆様へ

鹿児島シティ法律事務所では、離婚、離婚時の財産分与、配偶者による不貞行為(浮気)、暴言暴力(DV)を根拠とする慰謝料請求を考えていたり、離婚協議において高額な慰謝料・財産分与請求を配偶者から受けたりしている方のために、離婚問題や男女問題を解決する総合的なお手伝いを差し上げております。
離婚、さらに離婚に伴う親権の確保、財産分与、慰謝料請求、さらに婚姻費用や養育費の確保は、大切な問題であるだけに、お一人で解決することは負担が大きく、子育て、お仕事、企業経営等に影響を与えかねません。

離婚して安心した生活に早く戻りたい。
離婚した後も子どもに健やかに育ってほしい。
離婚についての話し合いを弁護士にお願いして、子育てや仕事に専念したい。
離婚に至るまでの事実をできるだけ知られないで、離婚を成立させたい。
浮気をした夫の相手に損害賠償請求をしたい。
男女問題を解決して、夫婦関係を回復したい。

このような思いを持っておられるクライアントの皆様のために、地元鹿児島に密着した当事務所の経験豊富な弁護士が、皆様の新しい出発のお手伝いを差し上げます。お気軽にご相談ください。

2. 離婚したい、男女問題を解決したい皆様のために当法律事務所ができること

(1)話合いによる離婚(協議離婚)の成立や男女問題の解決のために注力し、離婚したいクライアントの皆様のプライバシーを守りながら、迅速な離婚成立、男女問題解決のために代理人として活動し、アドバイスします。

(2)協議離婚が難しい場合には、家庭裁判所における話合いによる離婚(調停離婚)に速やかに移行し、又は離婚調停の申立を行います。
クライアントの皆様への調停期日への同行、円満な離婚成立に向けた主張、調査活動を行い、納得して離婚できるためのアドバイスを提供します。

(3)不貞行為(浮気)や暴言暴力などを理由とする慰謝料請求においては、裁判例や近時の慰謝料金額の傾向を踏まえて、適切な金額の慰謝料が支払われるよう、お手伝いをします。

(4)婚姻期間中に築かれた夫婦の共有財産、すなわち財産分与として分けられる財産を正確に把握、確保するアドバイスを提供し、離婚後の生活、子育て、お仕事を見据えた、適正な財産分与がなされるお手伝いをします。

(5)企業に対する助言実績が豊富な弁護士が対応するので、夫又は妻が会社役員である場合に、会社株式の財産分与などについて、適切なアドバイスを提供します。

(6)別居期間中に受け取るべき生活費(婚姻費用)、支払うべき生活費の金額をアドバイスします。

(7)未成年のお子様がいらっしゃる場合には、離婚後に受け取るべき養育費、支払うべき養育費の金額をアドバイスし、離婚後のお子様の健やかな成長をサポートします。

(8)協議離婚、調停離婚が成立しない場合には、離婚を求める訴訟を代理人として提起し、離婚成立の実現に向けて、最後までお手伝いします。

(9)離婚後の収入、支出に関する経済的なシミュレーションを行って、離婚できない場合、離婚するべきではない場合には、夫婦関係の回復に向けたアドバイスを致します。

3. 各サポートプランと弁護士費用の目安等のご案内

(1)相談料は、30分あたり5000円です。
ただし、離婚協議書や調停申立書の作成、離婚協議、調停、訴訟の代理人としての活動を依頼する場合には、相談料を着手金に充当致します。
また、Aプラン、Bプランによる事件着手後は、相談料は発生致しません。

(2)各サポートプランと弁護士報酬の目安等
A.離婚協議代理、調停申立代理、裁判離婚代理、男女問題解決代理プラン
A1.離婚協議代理、調停申立代理、裁判離婚代理プラン
鹿児島シティ法律事務所の弁護士が、皆様の代理人として、相手方との間で、協議離婚、調停離婚、訴訟提起による裁判離婚の成立に向けて活動します。

(3)全て消費税を除外した金額を記載しております。

各サポートプランと弁護士報酬 協議離婚代理 調停離婚代理 裁判離婚代理 備考
着手金 20万円~40万円 30万円~50万円
報酬金 20万円+協議離婚によって認められた若しくは支払わないで済んだ財産給付の金額の10%。 30万円+調停離婚により認められた若しくは支払わないで済んだ財産給付の金額の15%。 30万円+裁判離婚により認められた又は支払わないで済んだ財産給付の金額の20%。 事件が終了した時に頂く費用です。
印紙代、切手代など 実費 実費 実費

A2.男女問題解決代理プラン
不貞行為(浮気)による損害賠償請求における示談協議、調停、訴訟による解決についても、皆様の代理人として、相手方との間で活動します。

各サポートプランと弁護士報酬 示談協議代理 調停代理 訴訟代理 備考
着手金 20万円~30万円 30万円~40万円
報酬金 20万円+示談協議によって認められた若しくは支払わないで済んだ財産給付の金額の10%(+特別報酬金5%※)。 20万円+調停により認められた若しくは支払わないで済んだ財産給付の金額の15%(+特別報酬金5%※)。 30万円+判決により認められた又は支払わないで済んだ財産給付の金額の20%。 事件が終了した時に頂く費用です。
※損害賠償請求を受けた場合で、示談又は調停の成立により、(1)婚姻関係を維持した、又は(2)損害賠償請求により顕在化した退職、辞職、降格、解雇、懲戒処分、役員等の解職、解任若しくは辞任等を免れることができた場合に頂く費用です。
印紙代、切手代など 実費 実費 実費

B.書類作成サポート
相手方との協議、調停はご自分で行い、離婚協議書、調停申立書、男女問題解決のための示談書の作成だけを鹿児島シティ法律事務所の弁護士に依頼することができます。
また、書類作成に加え、相手方への通知書作成、協議離婚や調停離婚成立、男女問題の解決に向けての助言(基本的には、面談によるものとします。)を受けたい方のためのプランもご用意しております。

各サポートプランと弁護士報酬 書類作成サポート 書類作成+通知書作成、離婚成立、男女問題解決に向けた助言サポート 備考
着手金 10万円 10万円 弁護士を代理人とし、Aプランに移行したときには、Aプランとの差額のお支払となります。
報酬金 発生しません。 10万円 弁護士を代理人とし、Aプランに移行したときには、Aプランによる報酬金のお支払となります。
印紙代、切手代など 実費 実費

4.ご依頼、ご相談、お問合せは、お電話又はEメールで!
当事務所では、協議離婚、調停離婚、財産分与、慰謝料請求等を検討される皆様からのご依頼、ご相談、お問合せをお待ちしております。

ご依頼やご相談の前に、電話又はEメールによるご相談の予約をお願いしております。
詳細については、こちらをご覧ください。