弁護士ブログ

不動産法務|滞納家賃対策・建物明渡等請求問題解決の実務について、萩原隆志弁護士が、鹿児島県不動産コンサルティング協会の研修会講師を務めました。

萩原隆志弁護士が、鹿児島県不動産コンサルティング協会において、「滞納家賃対策・建物明渡等請求問題解決の実務」と題する研修会の講師を務めました。

萩原隆志弁護士は、
・不動産(土地・建物)問題の特徴
・不動産の任意売却について
・建物明渡請求と弁護士法72条(広島高等裁判所平成4年3月6日判決判例時報1420号80頁、最高裁判所昭和38年6月13日判決民集17巻5号744頁)について
・不動産賃貸借契約と事業承継(M&A)について
株式譲渡、事業譲渡、会社分割、合併等の組織再編時に留意するべき賃貸借契約条項と対応事項
不動産問題解決の法律実務
について、解説しました。

日時:平成29年5月27日(土)午後3時から午後5時15分まで
会場:(公社)鹿児島県宅地建物取引業協会6階研修ホール
主催:鹿児島県不動産コンサルティング協会

DSCN6000.JPG