弁護士ブログ

美しく大きな虹が鹿児島の新春の大空に架かりました!

昨日(平成24年(2012年)1月4日水曜日)は、鹿児島はとても寒い一日でしたが(1月4日付ブログ記事をご覧ください。)、14時20分ころ、強い風と共に小雨が降った後、太陽の日差しが現れ、天気が次第に良くなってきました。
私は外出先から事務所に戻り、事務所で仕事に取り組んでおりましたが、雨の降り具合、雲の流れ方、太陽の日差しの差し具合などから見て、ひょっとしたら虹が出るのではないかと思っていました。

なぜなら、ちょうど5か月前の2011年8月4日に、雲に隠れた桜島を背景に、虹が見え始めたことは記憶に新しい (2011年8月4日付ブログ記事をご覧ください。) ことですが、気温を除き、昨日の天候の様子が、昨年8月4日に虹が見えた時と、ほぼ同じであったからです。

虹が出て来ないかな、虹よ出て来いと思っていたら、鹿児島市街地をまたにかけた2012年新春の大空に、とても美しく、大きな虹が姿を現しました!

虹@鹿児島(2012年新春).JPG

年明けの新春というめでたい時に、とても美しく大きな本物の虹を、しかも完全に架橋している様子を見ることができ、感動すら覚えました。
写真ではない実物は、とても大きかったです。
5か月前は、もう少しで虹が完全に架かるところまででしたが、完全に虹が架かった姿を見たのは、私は初めてでした。

大空に架かった虹のはるか上空を、とんびが悠然と遊飛行を楽しんでいました。
虹の上空を飛んでいるとんびから見れば、「虹の道」(レインボー・ロード/Rainbow Road)ができているように見えていたのかもしれません。

虹ととんび@鹿児島(2012年新春)(2).JPG

より近づいてみると、こんな感じで見ることができました。

虹@鹿児島(2012年新春)(4).JPG虹@鹿児島(2012年新春)(3).JPG

雲は素早く動き、晴れ間がさらに広がってからも、大空に架かった虹を見ることができました。

虹@鹿児島(2012年新春)(5).JPG

新春・仕事始めというめでたい日に、ほんの一瞬でしたが、自分の願いが通じる形で鹿児島・天文館の大空に架かった虹を見ることができ、これまでにない幸福感を得ることができました。

鹿児島シティ法律事務所 弁護士 萩原隆志