個人のお客様

  • HOME
  • > 個人のお客様
  • > 交通事故被害による損害賠償請求、後遺障害等級認定サポート、示談交渉、慰謝料等請求のご案内

交通事故被害による損害賠償請求、後遺障害等級認定サポート、示談交渉、慰謝料等請求のご案内

交通事故被害によりご自身、ご家族が人身被害に遭われた皆様へ

1.交通事故によりご自身、大切なご家族が人身被害に遭われた皆様へ

-当事務所が皆様のためにできること

鹿児島シティ法律事務所では、お客様又はお客様のご親族が交通事故による人身被害に遭った場合に、交通事故に遭われた皆様の事故それぞれの個性に応じたオーダーメードの方法で、

  1. 事故直後の対応(証拠の確保、警察への対応等)に関するアドバイス、
  2. 治療、症状固定に至るまでの相談・助言、
  3. 症状固定後の後遺障害の等級認定のお手伝い、
  4. 加害者側保険会社に対する損害賠償請求及び示談協議、
  5. 加害者側保険会社との間で示談が成立しなかった場合の民事訴訟手続による解決に至るまで、お客様のために、弁護士として、交通事故被害救済のための総合的なお手伝いを致します。

2.当弁護士事務所の特徴と交通事故被害者の方のためにできること

(1)交通人身事故被害者側専門の弁護士が皆様のお手伝いをします。
(2)事故発生直後からのご相談を承っています。
鹿児島シティ法律事務所では、交通事故による人身被害に遭われた皆様から事故発生直後からのご相談を弁護士が承り、交通事故発生直後に皆様が取るべき行動、また、加害者等との間で取るべきではない行動についてのアドバイスを弁護士が提供します。
(3)後遺障害を負われた方のためのお手伝い‐後遺障害等級認定サポートを実施しております。
被害者の皆様の傷害の部位、程度に応じて、今後どのような治療をいつまで受けるべきか、また、被害者の皆様の傷害が後遺障害に該当するかどうかについて、当事務所の弁護士が、主治医の協力を頂きながら、被害者の皆様が後遺障害等級認定を受けるための親身なお手伝いを致します。
例えば、鹿児島シティ法律事務所の弁護士は、交通人身事故に遭われた皆様と一緒に病院に同行し、医師との面談を行い、充実した後遺障害等級認定申請ができるお手伝いを行っております。
(4)交通事故被害者のために全力で戦います。‐裁判所・弁護士基準による損害賠償請求、示談交渉等を行います。
また、交通事故による人身被害に遭われた皆様が加害者側に対する損害賠償請求を弁護士に依頼する場合、裁判所、すなわち交通事故民事訴訟手続において認定される損害賠償金額の支払基準(裁判所・弁護士基準)をもとに、加害者側との示談協議を行うことができます。
加害者が契約している自賠責保険会社、任意保険会社が提示する損害賠償金額は、裁判所・弁護士基準よりも低い金額であり、自賠責・任意保険会社基準による損害賠償金額では、交通人身事故の被害に遭われた皆様の満足いかない損害賠償となる可能性も高いと考えられます。
鹿児島シティ法律事務所の弁護士に交通事故による人身被害に対する損害賠償請求のご依頼をされれば、加害者に対し、交通事故による人身被害に遭われた皆様のために、裁判所・弁護士基準に基づいて皆様が受けられるべき損害賠償金額を算定し、請求、示談協議、さらに民事訴訟の提起をさせて頂きます。
(5)弁護士費用特約等による弁護士費用の一部又は全部の実質無料化
ア 弁護士費用特約を当事務所にてご利用ください‐ご自身又はご家族が締結されている任意自動車保険の保険証券をご確認ください

弁護士費用特約とは、任意自動車保険を締結している人又はそのご家族が自動車人身事故に遭ったときに、損害賠償請求を行うための弁護士費用(着手金、報酬金)と法律相談料を、ご自身又はご家族が締結している任意保険会社に補償してもらえる特約のことをいいます。

弁護士費用特約を利用することにより、法律相談料は10万円まで、着手金、報酬金等は300万円まで、ご自身等の任意保険会社に支払ってもらうことができますので、弁護士に交通人身事故による損害賠償請求について相談、依頼するときの費用を心配する必要がなくなります。

鹿児島シティ法律事務所の弁護士に、交通人身事故による損害賠償請求を相談、依頼する場合において、どの保険会社と任意保険契約を締結している場合であっても、ご自身又はご家族が締結している任意保険契約の弁護士費用特約をご利用頂けます。

イ 依頼時の弁護士費用(着手金)がかからない委任契約(着手金0円の弁護士委任契約)のご案内‐ご親族が交通死亡事故に遭われた皆様、ご自身、ご親族が重度後遺障害を負われた皆様へ

(i)ご親族が交通死亡事故に遭われた皆様、
(ii)ご自身又はご親族が交通事故により重度後遺障害を負われた皆様
については、着手金(弁護士に交通事故による損害賠償請求を依頼する時に発生する弁護士費用)を無料(0円)とする委任契約を締結させて頂くことができます。

この場合、報酬金は、基本的には、加害者側から支払われた金額の15パーセントから25パーセント(消費税別)の範囲内でお願いすることをご案内しております(※)。
もっとも、民事訴訟を提起して交通人身事故を原因とする損害賠償請求を行う場合、裁判所は、加害者側に支払わせる損害賠償金額の10パーセント程度の金額を、加害者側に負担させることが一般的です。
したがって、ご親族が交通死亡事故に遭われた場合、民事訴訟手続において損害賠償請求することにより、弁護士費用のかなりの割合を、依頼者(ご遺族)が実質的に負担しないで済むことができます。

※ ただし、ご相談の時点(事故発生直後であるかどうか)、後遺障害等級認定を必要とする症状の数、程度(=後遺障害等級認定サポートに要する調査、作業量)、過失相殺を巡る争点があるなど交通人身事故の複雑さの程度を踏まえて、報酬金の割合を増減させて頂くことをご案内しております。詳しくは当事務所までお問い合わせください。

ウ また、交通人身事故の相談料は何度でも無料です。
エ 上記以外の場合の弁護士費用について

上記以外の場合の弁護士費用については、当事務所における弁護士費用の一般的な基準(こちらをご覧ください。)を基本に、依頼頂く交通事故事案の内容や依頼事項の内容を踏まえ、協議にて決定させて頂いております。

(6)弁護士経験13年目の弁護士をはじめとする弁護士合計4名が、豊富な弁護士実務経験とフットワークをもとに、交通人身事故に遭った皆様に寄り添ってお手伝いします。
(7)「豊富な交通事故相談経験」と、交通人身事故による損害賠償請求に役立つ医療訴訟実務経験、医療関連訴訟解決実績があります。
(8)外国人交通事故被害者の皆様、外国人の配偶者、利害関係者がいらっしゃる交通人身事故被害者の皆様のお手伝いも承ります。
(9)鹿児島県鹿児島市の市電天文館通電停徒歩1分。安心してエレベーター完備でバリアフリーの弁護士事務所に来所頂けます。
(10)交通人身事故被害者の皆様のための出張訪問相談を承ります。
(11)交通事故を原因とする障害年金の申請、受給をサポートする専門家を紹介し、交通人身事故による損害賠償請求が解決した後も皆様を応援します。

3.ご依頼、ご相談、お問合せは、お電話又はEメールで!

当事務所では、交通事故による人身被害に遭われた皆様からのご依頼、ご相談、お問合せをお待ちしております。

ご依頼やご相談の前に、電話又はEメールによるご相談の予約をお願いしております。
詳細については、こちらをご覧ください。